いわきホームチャペルのブログ CHAPELOG

福島県いわき市平にあるプロテスタントのキリスト教会
いわきホームチャペルのメンバーズブログ CHAPELOGです。

2012年04月

CHAPELOGは、いわきホームチャペルのメンバーによるブログです。

様々なチャペルイベントや集会の様子などを紹介していきます。
ぜひ、コメント、拍手など応援をよろしくお願いいたします。

ホームページもあります。
チャペルイベントや集会の案内など、是非ご覧ください。
http://homechapel.ifdef.jp/


                    いわきホームチャペルメンバー 一同

できた!!

ジャーン
dekita!

ワンピースの完成です☆ 素敵です~
今度はおそろい子供服に挑戦です
オープンチャペルのミシン人口、増加中
楽しいね~

子供たちも
赤ちゃんだった子たちが、いつの間にかお友達になってます
tomodati

ケンカもするけど、やっぱり一緒にいるのは楽しい
子供同士で遊ぶから、親もらくちん
オープンチャペルの醍醐味です。

そして、そして、ゴスペランチの醍醐味
gosuperannti cake

昨日はチョコとホワイトチョコのケーキ
みことばもおいしい、ケーキもおいしい、
コーヒーもおいしい、ランチもおいしい
最高です

合同礼拝

415日、ゴスペルタウンで東北教区の合同礼拝がありました!

いつもよりたくさんの家族と一緒に礼拝、賛美、食事、ゲーム

本当に楽しくて、いい時間を過ごしました。神さま、ありがとう!!

 

賛美もとっても良かった!

goudou3

goudou2

みんな燃やされて帰ってきました。

教会についた途端、ドラムの練習が始まってる

goudou


楽しみにしてるよ!

 

押入れからギターをひっぱり出してきて弾いてたり、

フルートやクラリネットふける人もいるので

「やってみようかな」って思ったり

 

個人的には、何年か前の賛美集会「みちのく」で隣にいた人と再会して

嬉しかったです。あの時、一緒に祈ったんだよね

 

バスも楽しかったし、ゲームも楽しかったし、

家族と一緒にいる祝福いっぱいでした。

天のお父さんもイエスさまも一緒だったよね!!!!!!!

心が燃えてたもん♪

これからも、カッコ悪くても燃えていこうぜ


行ってきました!


こんにちはHOPEです

イエスキリスト福音の群れの東北教区合同礼拝に
大型バスに乗って、行ってまいりました。

楽しかったぁ

120415_DSC_0749

いわきを7時出発、6時50分配車予定でしたが、
バスは6時30分に到着してました!は、はやい
でも、チャペルメンバーの中には、バスの到着前より
コンビニでおやつを買う人もおり、みんな楽しみなんだなぁ。

主に今日一日を期待して、守りがあるように祈って
さぁ!出発です。

バスの車中、前日夜中の12時まで聖書クイズを考えてくれたユースの彼に
聖書クイズを出題してもらい、その答えに車中は、笑いが溢れていました。


120415_DSC_0752

そうこうしている間に、ゴスペルタウンに到着!

120415_DSC_0774

ゴスペルタウンには10時30分の礼拝1時間前に到着。
事故にも遭わず、渋滞にもあわず、
神様まもってくれたありがとう。

ゴスペルタウンには、一番乗りできました

チャペルメンバーはネームカードをつけて

120415_DSC_0784

礼拝堂の十字架は、震災のままです。

120415_DSC_0794

みんなで、フェースブック。チェックイン!!

120415_DSC_0813


天候は晴れ!
はやくみんなと賛美礼拝したいなぁ。とワクワクしながら
いわきホームチャペルのメンバーで記念にパチリ

神様ありがとう

受苦日~イースター礼拝

こんにちは、oliveです
先週の礼拝から少し日にちが過ぎての投稿ですが先々週金曜日はイエス様が十字架にかかられて苦しまれたことを覚えて「受苦日礼拝」が、そして先週日曜には死の中から甦られたことを喜ぶ「イースター礼拝」がホームチャペルでもたれました。
受苦日には、Ⅰコリント1章18節~25節から「十字架のことば」と題して、またイースターには「信じる人々に伴うしるし」と題してマルコ16章15節~18節からメッセージが語られました。「棕櫚の聖日礼拝」に続きその中から私が受け取ったことを分かち合いさせていただきます


イエスさまのエルサレム入場で、「ホザナ」と熱狂的に迎えた人々は、その後手のひらを返したように「十字架につけろ」と言って、遂に十字架にかけてしまいます。イエスさまが十字架にかかり血を流されたこのことの中に神様が行われたことは何だったのでしょうか?

へブル10:22には「キリストの血のそそぎかけによって邪悪な良心がきよめられた」とあります。
人間は神によって全く罪ない者として造られたのに、蛇(=悪魔)によって善悪を知りたい、善悪を自らが判断する“良心”を持ちたいと願って食べてはならない木の実を取って食べます。その時から私たちの良心は汚れ罪あるものとなります。

アダムとエバに始まった、神に背き自らを誇り欲を満たす罪とその結果である死。その死の力を持つ悪魔の前にイエスさまは「自らを卑しくし、死にまで従い実に十字架の死にまでも従われ」(ピリピ2:8)、人と同じ痛みを持ち十字架で苦しまれます。一見愚かで弱いように見えるこのことが高慢で狡猾な悪魔に打ち勝つ、私たちには考えも及ばない神のご計画であり、神の知恵と神の力です。キリストの血は信じる人々を木の実を食べる前の神さまとの正しい関係に戻して下さり、再び神さまの前に出ることができるようにしてくださったのです。

「神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強い」 Ⅰコリント1:25

イエスさまは全能の神の力によって三日後によみがえられます。神が死に打ち勝ち、イエスさまが神の子であり私たちの救い主であることが目に見える形で表れたのですね。
主の十字架と復活を信じる私たちは今や罪赦され、永遠のいのちを与えられ主の平安の内に歩むことができますが、しかしエデンではなく全てが良いものばかりとはいえないこの地に住んでいます。
だから主は「目をさましていなさい」(Ⅰペテロ5:8)と言われます。そして神は私たちだけでなく全ての人が信じることを願っておられ、この世に光を与えるため私たちが働くことができるように力をお与えになっています。
マルコ16:17には、信じる人々には様々なしるしが伴うということが書かれています。キリストの十字架の力、よみがえりの力が教会に与えられ、信じる私たちは今この教会で起こっている素晴らしいことを通して全てのものの上に立つキリストを目に見えるかたちで表して行くことができます。教会の中だけでなく、キリストのからだである私たち一人ひとりがそれぞれの場所でも、家庭、職場、子育て、生活の全ての中で十字架の知恵と力を知り、あらわすことができるようにと祈りつつ一歩ずつ歩んで行きたいですね
主の栄光と平安と祝福が世に流れ出るように。
 
メッセージ感謝です

120408_191313イースター礼拝の後、子供たちの祝会もありました
今年も卵&お菓子探ししましたよ~
イースターエッグは「新しい命」の意味があります

長い文章になってしまいました

ゴスペランチ♪

いつもおいし~いみ言葉と、
おいしーいスウィーツ、コーヒーです
今日はなんと!
ともこさんのお姉さんから

ゴスぺランチ3

こんなふうにメッセージ付きで☆

ゴスぺランチ4

こーんなに素敵なスウィーツが
ありがとうございまーす

ごすぺらんち2

コーヒー片手にじっくり、じっくり聖書を読みます。
使徒の働き26章 神さますごいなぁ~☆

お昼ごはんはパンケーキ

ゴスぺランチ

神さまありがとうございます
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ